在籍確認の電話が勤務先にかからない方法

お金を借りる時に必須の在籍確認

カードローンの申し込み時に、カードローン業者から勤務先に電話が掛かってくる『在籍確認』は必須の確認事項です。

私が勤務先に電話されず、会社に借金することもバレずにお金を借りた方法は、○○するだけです!

カードローンはお金に困った時に、申し込んでから最短で当日に融資を受けることができるので便利ですが、多くの方が申込時に、

『勤務先に電話連絡されて、お金に困っているのがバレてしまうこと』

で困っています。あなたも考えてみてください。例えば、

  • 上司や同僚にバレると恥ずかしい。
  • 現金を扱う業種なので、借金しているというイメージはよろしくない。

住宅ローンやマイカーローンと違い、生活の為に借りるギリギリ感や、遊戯費の為に借りるいい加減さは、人にバレると恥ずかしいというか、こっそり借りたいというのが人の本心です。

しかしほとんどのカードローンはこの勤務先への電話確認を回避する方法はなく、運が悪ければ会社の同僚・上司に借金することがバレてしまいます。

プロミスなら相談するだけで会社にバレずにお金を借りることも可能です

勤務先に電話して欲しくない方の強い味方のカードローンがあります。

それはプロミスです。プロミスなら勤務先への電話確認を別の確認方法でする相談も可能なので、勤務先への電話も回避することも可能です。

なので会社に借金することもバレずにお金を借りた方法は、プロミスに相談するだけというのが答えです。

相談するタイミングは、プロミスに申込んで審査後に掛かってくる電話で、オペレーターに勤務先に電話されると困ると伝えれば、電話とは別の在籍確認方法を案内してくれます。

編集部の他社の在籍確認の電話調査では、

アコム 勤務先への電話以外の在籍確認不可能
アイフル 勤務先への電話以外の在籍確認不可能
レイクALSA 勤務先への電話以外の在籍確認不可能
SMBCモビット 勤務先への電話以外の在籍確認不可能

となっていますので、勤務先に電話されると困る方はプロミスに相談してみましょう。

\必ず女性オペレーターに相談できます/

家族にもバレずにお金を借りるには?

カードローンの申込で家族にバレてしまう要因としては、

  • カードローン業者から家に電話が掛かってくる。
  • 郵送物が家に届いてしまう。
  • 通帳に返済の引き落としが記帳される。

以上のことが考えられますが、プロミスではすべての家族にバレる要素を排除できます。

まず『カードローン業者から家に電話が掛かってくる』ですが、これはネット申込のフォームに携帯番号を記入していれば、携帯電話に掛かってくるので問題はありません。

『郵送物が家に届いてしまう』もプロミスのネット申込のフォーム最下段に『プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認』を選択すれば、自宅に郵送物が届くこともありません

『通帳に返済の引き落としが記帳される』というのは、返済を自動引き落としにしなければ大丈夫です。

手続きをしなければ、口座からの自動引き落としにはなりませんので、プロミスのATM又は提携ATM、若しくは振り込みによる返済となります。

ですのでプロミスなら、申込フォームで携帯番号を入力して、『プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認』を選択すれば、家族にバレずにお金を借りることも可能です。

\必ず女性オペレーターに相談できます/

勤務先への電話連絡の相談ができるとしてもプロミスでいいのか?

カードローンの大手でいうと、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットがありますが、勤務先への電話連絡の相談ができるとしてもプロミスでいいのか検証してみました。

実質年率(手数料・保証料込みの金利)で比べてみる

まず各カードローンのスペックを見てみましょう。

カードローン名 実質年率(手数料・保証料込みの金利) 最高借入可能額
プロミス 実質年率4.5%~17.8% 最高500万円
アコム 実質年率3.0%~18.0% 最高800万円
アイフル 実質年率3.0%~18.0% 最高800万円
SMBCモビット 実質年率3.0%~18.0% 最高800万円

スペックを見ると一見金利(実質年率)がプロミスだけ高いような気がします。なぜそう見えるのかというと、最低金利(実質年率)がプロミスが一番高いからです。プロミスが実質年率4.5%で、その他カードローンが実質年率3.0%となっています。

このスペックの見方がよくわかっていない方が多いのですが、この最低金利(実質年率)が適用されるのは、借入可能額の最高額が出た場合です。

なのでプロミスが500万円の借入枠が出た場合に実質年率4.5%、アコムやその他のカードローンで800万円の借入枠が出た場合に実質年率3.0%となります。

ではプロミス同様500万円の借入枠が出た場合、その他のカードローンの金利はいくらになるのかというと、アコムのみ大まかな貸付利率(実質年率)表があるので推測することができます。

アコムの貸付利率(実質年率)表

契約極度額 適用金利
501万~800万円 実質年率3.0%~4.7%
301万~500万円 実質年率4.7%~7.7%
100万~300万円 実質年率7.7%~15.0%
1万~99万円 実質年率7.7%~18.0%

アコムでプロミス同様500万円の借入枠が出た場合は、赤字の範囲の金利(実質年率)になりますね。プロミス同様500万円の借入枠が出た場合、実質年率4.7%が適用されると予測ができ、プロミスの方が実質年率4.5%と低い実質年率になります。

そもそも申込時に200万や300万、ましてや800万円の借入可能額が出る訳はありません。

貸金業者は法律上、総量規制により申込者の年収の1/3以上貸すことができません。すでにほかの貸金業者からの借入があれば、年収の1/3の金額から既存の借入額を引いた金額しか貸せません。

なので他の貸金業者からの借入がなくても、800万円なら年収2,400万円、500万円なら年収1,500万円、300万円でも年収900万円は最低でも必要になります。編集部では皆さんの年収はわかりませんが、転職サイトのdodaの調査による平均年収と総量規制による借入可能額は以下のようになっています。

平均年収と総量規制による借入可能額

年代 平均年収 総量規制による借入可能額
20代 345万円 約115万円
30代 507万円 約147万円
40代 507万円 約169万円
50代以上 622万円 約207万円

このように平均的な年収の方でも20代~40代で、最高でも150万円程度しか借りれません。しかもカードローン業者は初めからリスクの高い最高額は出してくれません。ほとんどが50万円以下から信用を積み上げてくださいというスタンスです。

なので実際の金利(実質年率)を見るには、最高借入利率を見なければなりません。プロミスは実質年率17.8%で、それ以外は実質年率18.0%と高くなっています。

しかも初回30日無利息サービス()も利用できるので、勤務先への電話連絡の相談ができるとしてもプロミスでいいのか?という問いに対しては、

最も実質年率が低いカードローンと言えます。

\必ず女性オペレーターに相談できます/

土日祝日などの勤務先の休業日でも電話確認以外の相談で対応できる!

プロミスは勤務先への電話確認を、別の確認方法でする相談ができますが、

これは土日祝日やゴールデンウィーク等の勤務先が休みの場合や電話に誰も出なくて確認が取れない場合にも応用できます。

通常勤務先が休みの場合や電話に誰も出なくて確認が取れない場合は、

カードローンの契約は勤務先の翌営業日となり、契約が終了しないことにはお金を借りることはできません。

しかしお金が必要なのは今であり、勤務先の翌営業日にはもう必要なくなっている場合も多いと思います。

ここでプロミスの勤務先への電話確認を別の確認方法でする相談をすればいいのです。

これもプロミスに申込んで、審査後(もちろん通過している必要がある)申込内容の電話が掛かってきた際に、『勤務先が休みですが、今日借りたいんですけど・・・』と相談すれば、別の確認方法を案内してくれますので、今日中にお金を借りることも可能です。

\必ず女性オペレーターに相談できます/

 

特定商取引法に基づく表記

タイトルとURLをコピーしました