マンガで解る在籍確認の電話が勤務先に掛かると困る理由と対処法

お金を借りる時に必須の在籍確認

※在籍確認とは?

在籍確認とは、ローンの申込者が勤務先を退職していないかどうか確認するために、ローン業者から勤務先に電話する最終審査で、正直勤務先にローンの申し込みがバレてしまう厄介な確認作業である。

何に怒っているのか気になった僕は、その後裕子ちゃんに確認しに行きました。

僕はショックのあまり、一息入れずにはいられなくなり、休憩所に向かいました。

そこへ社内一のエロクィーン響子先輩が現れる。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能

 

\必ず女性オペレーターに相談できます/

勤務先への電話連絡の相談ができるとしてもプロミスでいいのか?

カードローンの大手でいうと、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットがありますが、勤務先への電話連絡の相談ができるとしてもプロミスでいいのか検証してみました。

実質年率(手数料・保証料込みの金利)で比べてみる

まず各カードローンのスペックを見てみましょう。

カードローン名 実質年率(手数料・保証料込みの金利) 最高借入可能額
プロミス 実質年率4.5%~17.8% 最高500万円
アコム 実質年率3.0%~18.0% 最高800万円
アイフル 実質年率3.0%~18.0% 最高800万円
SMBCモビット 実質年率3.0%~18.0% 最高800万円

スペックを見ると一見金利(実質年率)がプロミスだけ高いような気がします。なぜそう見えるのかというと、最低金利(実質年率)がプロミスが一番高いからです。プロミスが実質年率4.5%で、その他カードローンが実質年率3.0%となっています。

このスペックの見方がよくわかっていない方が多いのですが、この最低金利(実質年率)が適用されるのは、借入可能額の最高額が出た場合です。

なのでプロミスが500万円の借入枠が出た場合に実質年率4.5%、アコムやその他のカードローンで800万円の借入枠が出た場合に実質年率3.0%となります。

ではプロミス同様500万円の借入枠が出た場合、その他のカードローンの金利はいくらになるのかというと、アコムのみ大まかな貸付利率(実質年率)表があるので推測することができます。

アコムの貸付利率(実質年率)表

契約極度額 適用金利
501万~800万円 実質年率3.0%~4.7%
301万~500万円 実質年率4.7%~7.7%
100万~300万円 実質年率7.7%~15.0%
1万~99万円 実質年率7.7%~18.0%

アコムでプロミス同様500万円の借入枠が出た場合は、赤字の範囲の金利(実質年率)になりますね。プロミス同様500万円の借入枠が出た場合、実質年率4.7%が適用されると予測ができ、プロミスの方が実質年率4.5%と低い実質年率になります。

 

 

貸金業者は法律上、総量規制により申込者の年収の1/3以上貸すことができません。すでにほかの貸金業者からの借入があれば、年収の1/3の金額から既存の借入額を引いた金額しか貸せません。

なので他の貸金業者からの借入がなくても、800万円なら年収2,400万円、500万円なら年収1,500万円、300万円でも年収900万円は最低でも必要になります。編集部では皆さんの年収はわかりませんが、転職サイトのdodaの調査による平均年収と総量規制による借入可能額は以下のようになっています。

平均年収と総量規制による借入可能額

年代 平均年収 総量規制による借入可能額
20代 345万円 約115万円
30代 507万円 約147万円
40代 507万円 約169万円
50代以上 622万円 約207万円

このように平均的な年収の方でも20代~40代で、最高でも150万円程度しか借りれません。しかもカードローン業者は初めからリスクの高い最高額は出してくれません。ほとんどが50万円以下から信用を積み上げてくださいというスタンスです。

 

 

しかも初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)も利用できるので、

 

 

\必ず女性オペレーターに相談できます/

 

特定商取引法に基づく表記

タイトルとURLをコピーしました